正規表現で桁区切りのカンマ

Pocket

6937938とか8511422とか1111118097なんて数字があったとして桁区切りのカンマを手作業で入力するというのは、できる限り自分以外の人間に押しつけておきたい作業であろう。私は人格者として広く認知されているが、それでもこんな作業は善良そうな人をつかまえてお任せし、自分は訳文の推敲に時間をかけたい。しかしながら、私は自営業者で周囲に同僚というものが存在しない。だからコンピューターにこの仕事を押しつけることにする。用意するのは正規表現が使えるテキストエディタまたはMS-ワードである。

まずはエディタ編から。以下は私の愛用しているEmEditorでの作業の様子である。

数字が含まれている原稿を開いたら、置換用のダイアログボックスを出し、検索する文字列に「(d{1,3})(?=(?:d{3})+(?!d))」、置換後の文字列に「\1,」を入力する。あとは「すべて置換」のボタンを押すだけである。そうすると「6937938とか8511422とか1111118097」が「6,937,938とか8,511,422とか1,111,118,097」に置換される。美しい。

ワード編については、たいへん分かりやすい解説が文書内の数字に一括してカンマ(桁区切り)を設定するにはで紹介されているので参照されたい。図もたくさんあって実に分かりやすい(感謝)。

カテゴリー: Tips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。