Full Screen Editor – Wu

Pocket

wu

Wu はフルスクリーンエディタです。WriteroomDark Roomのように集中して文章を書くための環境を提供します。起動すると黒い画面にカーソルだけが浮かび、文章を書く以外のことができなくなります。
Wu is a full screen editor that offers a distraction-free writing environment such as Writeroom or Dark Room. Only black screen and a cursor are shown when starting Wu. All you can do is to write text.

wuDownLoad: wu.zip (1.59MB)

注意:フルスクリーンエディタですので、「閉じる」ボタンなども表示されません。Wu を終了する際は、Ctrl+Qを押します。フルスクリーン表示をやめる時は「Escape」キーを押して下さい。

System Requirements

Windows XP

Keyboard Shortcuts

File Menu
New Ctrl+N
Open Ctrl+O
Save Ctrl+S
Memo Ctrl+M
Quit Ctrl+Q
Edit Menu
Undo Ctrl+Z
Redo Ctrl+Y
Copy Ctrl+C
Paste Ctrl+V
Cut Ctrl+X
Select All Ctrl+A
Jump Ctrl+J
Insert Tab Tab
Delete Tab Shift+Tab
Insert Comment Symbol Ctrl+Insert
Delete Comment Symbol Ctrl+Delete
Setting Ctrl+/
Find Menu
Find Ctrl+F
Find Next F3
Find Prev F4
Highlight All Alt+F3
Delete Highlight Alt+F4
View Menu
Toggle Fullscreen Esc
Line Map
Show / Hide Line number Ctrl+L
Line marking ( Bookmark ) Ctrl+Return / Double-Click on Line number
Jump to marked prev / next line Ctrl+U / Ctrl+D
Copy / Cut / Delete marked lines Right-Click on Line number
Other Shortcuts
Console Ctrl+F10
Text Zoom Ctrl+MouseWheel

Features

  • Bookmark
    • 行番号をダブルクリックするか、「Ctrl+Return」を入力することでその行をブックマークすることができます。「Ctrl+U」「Ctrl+D」でマークした行にジャンプできるほか、行番号の右クリックメニューからマークした行をまとめてコピーしたりすることができます。
    • You can bookmark the line with Ctrl+Return or double clicking the line number. Ctrl+U or Ctrl+D is to jump to the marked line, and to Copy/Paste every marked lines is also available with right-clicking on the line number.
  • Memo
    • 「Ctrl+M」を押すと1行メモを入力することができます。WuがフルスクリーンのSDIエディタで、メモを取りたい場合に不便なので追加した機能です。入力したメモは、Wu.exeと同じフォルダの「memo.txt」に保存されます。
    • メモの書式「メモ」「日時」「ファイル名」「メモ入力時のカーソル位置」がタブで区切られたかたちで保存されます。
    • You can make a memo with Wu. It is added on “memo.txt”.
    • Memo format: Memo, Date, File name, Line number (Tab separated).
  • Encodings
    • デフォルトの文字コードはUTF-8ですが、それ以外の文字コードを利用することも可能です。
    • Wu supports several encodings (UTF-8 is default encoding).
  • Syntax Highlight
  • Auto indent
  • Auto save
  • Statusbar
    • Current Line number.pos / Last line number.pos

Screenshot

screenshot
screenshot2

Syntax Hilighting – How to

プログラム言語などに応じ、強調表示の定義ファイルを用意することで予約語などを強調表示することができます。
まず、定義ファイルとしてタブ区切り形式のテキストファイルを用意します。
例えば「test」という単語を強調表示したい場合は、次の定義をテキストファイルに書きます。

test	word syntax1

強調したい文字列の後にタブ記号を入力し、それ以降の関連情報の間は半角のスペースで区切ります。属性「word」は、指定された単語を強調表示します。「syntax1」はタグ名です。このタグが付けられた文字列は、設定ダイアログの「Highlight」で文字列色を指定することができます。

属性は「 char, word, noblank, nobreak, pair, string 」の6種類が用意されています。それぞれ下記のように動作します。

char
1文字だけ強調表示する際に使います。
word
指定した単語を強調表示します。
string
指定した文字列を強調表示します。wordと異なり、指定された文字列がテキストに含まれていれば、その部分の文字列が強調表示されます。
noblank
指定した文字列から次の空白文字までを強調表示します。URLの強調表示などに使います。
nobreak
指定した文字列から改行までを強調表示します。行コメントの強調表示などに使います。
pair
特殊な属性です。上述の5つの属性は「文字列、属性名、タグ名」を定義するだけで構いませんが、pair属性では「文字列、属性名、タグ名、対応する文字列」の4つを指定する必要があります。例えば「<」で始まり「>」で終わる文字列(HTMLなど)を強調表示したい場合は、次のように指定します。
<	pair tags >

具体的な定義ファイルについては、Wu.exeのフォルダに同梱の「.hl/tcl.txt」を参照して下さい。これはTclのファイルを強調表示するための定義ファイルです。なお、強調表示のタグ名は色の設定項目と対応づけられていますが、強調表示で利用できるのは「comment(コメント)」、「url(コメント)」、「tags(括弧などで括られた文字列)」、「syntax1 ~ syntax3(予約語など)」です。
定義ファイルが用意できたら、設定ダイアログでwuの内部形式に変換します。「右クリックメニュー」→「Settings」→「Highlight」→「Generate Highlight Rules」で、「Source File」に作成した定義ファイルを指定し、「New File」に変換後の保存先を指定します。保存先には必ず「hl」フォルダを指定し、ファイル名は「拡張子.dat」の形式とします。例えばHTMLの強調用ファイルは「html.dat」とし、Tclなら「tcl.dat」とします。ファイルを開く際、Wuは対象ファイルの拡張子を参照し、「hl」フォルダに対応する強調表示ファイルがあれば、それを使って強調表示を行います。ファイルがなければデフォルトのファイル(highlight.dat)が使用されます。

Color

「Settings」の「Highlight」→「Color」で設定できる色については以下をご参照下さい。

設定項目 意味
foreground テキストエリアの文字色
background テキストエリアの背景色
insertbackground 入力カーソルの色
linemapfg 行番号エリアの文字色
linemapbg 行番号エリアの背景色
linemap_select_fg ブックマーク時の行番号の文字色
linemap_separator_bg 行番号エリアとテキストエリアの境界線の色
comment-foreground 行頭にコメント記号がある行の文字色
brackets-foreground 対応する括弧の文字色
url-foreground URLやファイルパスの文字色
hilite-foreground 検索時のハイライトの文字色
hilite-background 検索時のハイライトの背景色
sel-foreground 選択範囲の文字色
sel-background 選択範囲の背景色
tags-foreground 対応する括弧に囲まれた文字列
syntax1-foreground 予約語1
syntax2-foreground 予約語2
syntax3-foreground 予約語3

※「tags-foreground」はpair属性、syntax1~3はユーザーが指定。

Donate

Thank you for your donation!





Thanks

This program is powered by Tcl/Tk.

History

2008年3月24日:バージョン0.1
2008年3月25日:メッセージの表示、ファイル保存の不具合を修正
2008年4月11日:行ジャンプ機能のショートカットキーが正しく設定されていなかった問題を修正
2008年5月10日:誤ってテスト時の設定ファイルを同梱していたため、起動できなくなっていた不具合を修正orz

Problems

  • 日本語変換時のフォント表示に不具合があります。
  • 日本語変換で再変換時にゴミが表示されます(おそらく作者には解決できません)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。