北方水滸伝用ATOK辞書

Pocket

水滸伝全19巻(北方謙三)を読了した。私はこれまで水滸伝を読んだことがない。だから、ほかの水滸伝と北方水滸伝がどのように違うのかは知らないがとにかく面白かった。物語を追いかけてどんどん読み進み、最終巻にたどり着いてしまうと読み終えるのが惜しくなる。こういう物語に出会えることはなかなかない。読了後は、北方謙三の「水滸伝」ノートや続編の楊令伝を借りてきた。これでまだしばらくはこの世界で遊ぶことができる。実に楽しい。

せっかくなので、この世界にどっぷりはまれるようにATOK用の辞書ファイルを作成した。これを使えば「李逵」とか「呼延灼」という人名を簡単に入力することができる。ATOKのコメント機能を利用して、人名と綽名をひもづけるようにもしておいた。

使い方は、ATOKの辞書ユーティリティを立ち上げ、「ツール」メニューの「ファイルから登録・削除」を実行。表示されたダイアログで以下のように「kitakata_suikoden.txt」を選択し、「登録」する。以上である。同好の士のお役に立てば幸いである。

ダウンロード:北方水滸伝用ATOK辞書(kitakata_suikoden.zip)

※このファイルのライセンスはクリエイティブ・コモンズの「表示 2.1」とします。間違いがありましたらご教示ください。

カテゴリー: Data

1件のコメント

  1. まさかと思って検索したら、
    こちらに行き当たりました。
    北方水滸伝用ATOK辞書使わせていただきます。
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。