台灣物産館

Pocket

ロケットニュース24の 人気の台湾スイーツ『チャーミースノーアイス(雪花氷)』は東京笹塚「台湾物産館」で食べられるよを見て、炎天下を笹塚まで出かけてきた。去る8月19日に京王線の調布駅、布田駅、国領駅が地下化したので、ついでに新しくなった駅もチェックする。

それにしても連日なんという暑さであろうか。家から駅までの10分ほどの道のりを歩くだけで私は溶けてなくなりそうである。いつもいかがわしい調布百店街を抜け、助格家のラーメンの香りに鼻孔を膨らませ、なんとか駅に到着する。新しい駅はとてもスッキリしている。引っ越ししてきてからこの方、かれこれ2年以上工事中のごちゃごちゃした調布駅しか見ていなかったのでたいへん新鮮である。きれいになった駅の様子は、下記のサイトにきれいにまとめてある。

関連:京王線調布駅・布田駅・国領駅の地下切替直後の出口地図 | ちょうふどっとこむ

これから駅の周りもスッキリすることだろう。駅周辺のゲームセンターとパチンコ屋を一掃し、スターバックスとヴィレッジヴァンガードを誘致し、さらに願わくはおいしいラーメン屋が増えて欲しい。

さて、笹塚である。これまで下りたことがなかったのだが、駅の周りがなんだかごちゃごちゃして良い感じである。駅はきれいなのだが、駅の敷地を出たととたんに薄汚れていて、甲州街道を越えるまでそのままである。目指す台灣物産館は甲州街道沿い、駅からすぐのところにある。北口を出て、商店街を抜けると通りの向こうに見えるので迷うことはないだろう。

店内はけっこう広い。冷たいドリンクや酒類、菓子、烏龍茶などが並んでいる。妻から頼まれていたパイナップルケーキとオーギョーチの缶詰、自分用に凍頂烏龍茶を購入する。買い物を済ませると、私はおもむろにイートインスペースに陣取り、チャーミースノーアイス小(580円)をオーダーした。おばちゃんがジャスミンティーを出してくれる。暑い中を歩いてきたのでありがたい。

上の写真ではちょっと分かりにくいが、チャーミースノーアイスは小でもかなりのボリュームである。カットマンゴー+マンゴソース+マンゴー味のスノーアイスという組み合わせで、どこから食べてもマンゴーマンゴーマンゴーである。アイゴー。一口食べると汗がすっとひき、口の中にマンゴーが広がる。カットマンゴーも大きいのがいくつか入っていて存在感がある。調子に乗ってスプーンを口に運んでいたら頭がキーンとなったが幸せである。店内には台湾の雑誌や新聞が置かれ、台湾のビデオなんかも流れているので退屈しない。外は真夏の午後である。私は帰る気力を失ってしまう。

関連:台灣物産館

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください