北軽井沢のオートキャンプ場 – スウィートグラス

Pocket

遅めの夏休みをもらって群馬県にあるスウィートグラスというキャンプ場に行ってきました。キャンプ場とはいっても、コテージやキャビン、ツリーハウスなどの宿泊施設があるので、テントなどを用意する必要はありません。今回、我が家はバーモントコテージに宿泊しました。キッチンと薪ストーブが付いている自炊可能なコテージです。

コテージ

このキャンプ場の素晴らしいところは、子どもを遊ばせるアスレチック系遊具が充実しているところです。息子はツリーハウスが気に入って木と木の間に渡された吊り橋を何度も何度も走り回り、食事を済ませると疲れて爆睡ということを繰り返し、娘は旅行前日まで病気で、到着した日も本調子ではなかったのですが、それでもドングリ拾いに夢中になり、疲れてくるとドングリを指さして「おとうさん(あれ取れ)」という指示を発し、袋一杯の戦利品に大満足の様子でありました。

食事は朝昼晩すべて自炊。フライパンや片手鍋、皿などはコテージに用意してあったので、足りないものを妻が見繕って持っていきました(調味料やパスタ、米、炊飯用の土鍋など)。車ですぐのところにコンビニもスーパーもありますし、146号線を少し南に下ると野菜の直売所などもありますので、手ぶらで行ってもなんとかなりそうでした。自炊ができると経済的で本当に助かります。3泊4日で、私が買った地酒「秘幻」を入れても食費は1万円かかっていません。最終日に軽井沢のアウトレットで食事をとったのですが、親子丼、カレー、うどんなどを頼み、ソフトクリームを食べるとあっという間に数千円。食事がすべて外食だったら出費が相当膨らんでいたと思います。

気候は東京よりひと月以上季節が進んでいるように感じました。朝晩は肌寒く、9月上旬でもTシャツ、薄手のニット、ウインドブレーカくらいは必要です。朝は15度以下に気温が下がり、薪ストーブの暖かさが心地よかったです。息子と2人で夢中になって薪を燃やしまくりました。木を燃やすって本当に楽しい。

薪ストーブ

東京から車で3時間ほど、キャンプ場内は無線LANが使えますし、携帯もLTEのアンテナが立っていたので問題なく仕事できました(したんかい)。周囲にいろいろありますし、軽井沢駅周辺にも30分ほどで行けます。我が家は全員が気に入ったので、また来年行くことになると思います。おすすめです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください