ブラックジャックのすすめ

Pocket

このところ、子どもたち相手にブラックジャックをして遊んでいます。カードの数字を足して21に近い方が勝ちというおなじみのトランプゲームです。

関連:ブラックジャック – Wikipedia

子ども相手とはいえ、勝負事なので道具を揃えました。まずは本格的なバイシクルのカードを購入。

そして何か賭けないと気分がでないので、おもちゃのポーカーチップを用意しました。20枚入りで400円と非常に手ごろですが、ずっしりと重量があり、かなり気分が出ます。

そして、このチップを1人5枚配り、誰かがすっからかんになるまでゲームをするのです。おもちゃのチップとはいえ、手元のチップが増えてくると気分が上がります。やはり何事も形から入ることが大切です。

しばらく遊んでいて気がついたのですが、このゲームは幼児の計算の練習にぴったりです。5歳の娘は最近指を折りながら足し算をするようになったのですが、ブラックジャックでカードの数字を21に近づけるために頭を悩ませているうちに、ずいぶんと計算が速くなりました。子どもに楽しく算数を勉強させたい保護者のみなさま、おすすめです。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。