主語はどこへ行った

Pocket

日本語というのは難しい。日本語から中国語に訳された文を見ているとつくづくそう思う。

このシステムは、運用データを解析し、最適なパラメータを計算するものです。

素直に訳せば、上の日本語に対応する中国語は下のようになるだろう。

该系统将分析运行数据并计算出最佳参数。

だが、前後の文章を眺めると、この日本語の主語は「このシステム」ではなく、このシステムを開発する「わたしたち(当社)」である、ということがよくある。

このシステムは、(わたしたちが)運用データを解析し、最適なパラメータを計算するものです。

2つの文章は意味がまったく異なる。「システム」を主語と解釈すると、データを解釈し、パラメータを計算するのは「システム」であり、システムがどういう風に動作するのかを説明しているように読める。だが、主語である「わたしたち」が省略されていると解釈すると、運用データを解析して、このシステムに最適なパラメータを計算するのは「わたしたち」であり、システムがどういう風に構築されるのか(あるいは設定されるのか)を説明しているように読める。前後の文脈から判断しなければ、果たしてどちらが正しいのか分からない。後者であった場合、訳文はまったく違うものになる。

我们将分析运行数据,计算出该系统的最佳参数。

日本語というのは難しい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください