門檻太高

Pocket

先日書いたように微博から単語の用例を引っ張ってくる機能を北辞郎に組み込もうとしていたのだが、新浪微博APIを使うには、通常のユーザ登録に加え、こちらの身分を証明するため、身分証を提示したり、携帯電話でショートメッセージを受信し、そこに書いてある識別コードを登録したりしなければならない。それはまあ良いのだが、国外の人間がこの手続きを行うことを想定していないのか、携帯電話の番号を入力してもエラーが出るばかりで先に進まない。日本の国番号である0081や81を頭に付けたり、市外局番の0を取ったり色々トライしてみたが門は開かなかった。オープンセサミ。

weibo-id

そっちがその気ならスクレイピングで対応してくれるわ!と微博搜索にアクセスしてサイトの挙動を確認すると、レスポンスが悪くてここから情報を切り取ってこようという意欲が蒸発orz…。どうするかなあ。

微博搜索はurlencodingを二重にかけてる。たとえば妒嫉はUTF-8のurlencodingで %E5%A6%92%E5%AB%89 になるが、これを繰り返して %25E5%25A6%2592%25E5%25AB%2589 にしないとさらにレスポンスが悪くなる。

2件のコメント

  1. 私もWordPressで書いたブログをWeiboへ自動的に紹介するプラグインを使おうとしたのですが、新浪微博APIの身分証明のところで頓挫しています。

    1. 淘宝などにも同じような認証がありますが、あちらは商売だけあって国外の携帯にもショートメッセージを送って認証することができました。新浪だって当然対応できるはずですので、ぜひがんばっていただきたいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください