スマホと節約

Pocket

スマホの料金のことを調べていて、月々の料金比較 ドコモ・AU・ソフトバンクというとても分かりやすい説明にたどり着いた(感謝)。端末代や月ごとの料金を払っているとやっぱり6000円くらいかかるらしい。2年間のしばりや細かい規約もいろいろあって非常に複雑である。

思うところがあって各社の料金を調べたものの、結局現状のまま日本通信のb-mobileを使い続けることになりそうだ。日本通信はいわゆるMVNOで、回線自体はドコモのものを使っている。これまで電波に関して不便に思ったことはないし、ナンバーポータビリティで電話番号も引き継げるので利用開始に際しても不安はなかった。毎月の料金はスマホ電話SIMの音声プランSとデータ通信2GB定額で4280円。通信速度は下り最大14Mbps / 上り最大5.7Mbpsである。

これにSIMフリーの端末を組み合わせれば、キャリアにしばられない低額のスマホ環境ができあがる。たとえばEXPANSYSでSonyの最新モデルであるXperia Jを購入した場合、19,515円なので大手キャリアの2年しばりのように24回払いするとして月々814円である。日本通信に払う4280円と合わせて5000円強。ヤフオクやAmazonでSIMフリー端末を検索すればもっと安い端末も見つかるだろうし、日本通信のデータ通信のプランをU200にすれば月額2980円に抑えられる。

毎月1000円違えば年間で12000円。こういう固定費はやはり削るに限る。

本題には関係ないが、Amazonのレビューで星2つにしている人について。自分で間違えておいて低い評価を付けるっていうのはどういう思考回路なんだろうか。以前、ストーブを買おうとしたら「我が家には大きすぎます!」と星1つにしている人がいたが、それはレビューではなくその人の失敗談である。私はあなたを星1つにしたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください