スマホのSIMをNifMoに

Pocket

スマホのSIMカードを日本通信(b-mobile)からniftyが提供するNifMoに変えました。日本通信のSIMカードは2年ほど使いましたが、月2GBのデータ通信+音声通話で基本使用料が3,370円、これに無料通話を超えた分の通話料などが加算されます。以前はこのプランでも格安だなあと思っていたのですが、最近は競争が激しくなり、各社から格安SIMのプランが数多く提供されています。

私が今回申し込んだのはデータ通信2GB(900円)+音声通話(700円)のプランで月額合計1600円(税抜)。回線自体はドコモ提供なのでこれまでと変わらない通信環境を使うことができます。専用のアプリを利用すると「BBモバイルポイント」のWi-Fiスポットが無料で使えるほか、今ならキャッシュバックがあってかなりお得です。両者の月額利用料の差は約1600円、年間だと2万円くらい差がつきます。NifMoには無料通話分のサービスはありませんが、このへんは楽天でんわなどを使っておさえようと思います。

なお、NifMoのサイトには最短3日でSIMカードを届けます、とありますが、私は12月30日に申し込んだため、SIMカードが届いたのは1月8日でした。1月6日に日本通信の方で移転手続きが完了したため1、6日~7日は携帯電話が使えない状態に……けっこうこたえました(+_+) SIMカード到着後はAPNの設定をするだけですので5分ほどで使えるようになります。

  1. 日本通信の方の基本使用料はひと月分支払う必要があるため、なんだか損した気分です。 []

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください