萩原朔太郎 – 旅上

Pocket

旅上

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背廣をきて
きままなる旅にいでてみん。
汽車が山道をゆくとき
みづいろの窓によりかかりて
われひとりうれしきことをおもはむ
五月の朝のしののめ
うら若草のもえいづる心まかせに。

萩原朔太郎 純情小曲集

図書館でふと手に取った本に収録されていた詩。ぐっときた。

萩原朔太郎詩集 (岩波文庫) 萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)
萩原 朔太郎,三好 達治

岩波書店
売り上げランキング : 12766

Amazonで詳しく見る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください