ディズニーランドに行ってきた

Pocket

4月10日から一泊二日でディズニーランドに行ってきた。朝7時半に調布の自宅を出発し、中央自動車道、首都高を通って舞浜までほぼ1時間である。近い。そして怖い。自慢ではないが四輪車で高速道路を走るのは初めてである。若かりし頃は二輪車にまたがり、タンデムシートに不二子ちゃんを乗せてブイブイ言わせた(死語)ものだが、そんな私も今ではダンディーなアラフォー。ハンドルを握れば時速60キロ以下が生息域である。43号線の黒い出歯亀と呼ばれたのも今は昔。

中央自動車道はまあいい。ユーミンの歌のように直線主体の牧歌的な高速道路であり、初めての高速なので緊張はしたが新宿までは順調に走れた。問題はそれ以降である。カーブにカーブにカーブが続き、分岐に分岐に分岐が続く、カーナビに「次は右、次は左、今度はまっすぐ、このへん事故多発」と次々と指示を出され、息をつくひまもない。ディズニーランドホテルの地下駐車場に車を放り込むと、9時前なのに本日終了の気分だった。まだディズニーランドのゲートもくぐってないのに。

息子は、保育園で覚えたディズニーの歌がお気に入りで以前からよく口ずさんでいた(音程はかなり怪しいけどまあ2歳児だし)こともあり、本物のディズニーランドにご満悦である。ダンボやティーカップ、回転木馬を楽しみ、大好きなおにぎりを食べ、パレードを見る。ディズニーランドホテルにチェックインすると部屋の中もディズニー一色なので、興奮して昼寝をするのも忘れ、窓の外をモノレールが走るたびに「ミッキーマウスの電車だねえ」と大喜びする(モノレールの窓の形がミッキーマウスなので)。再入場してまたダンボやティーカップ、回転木馬を楽しみ、ハンバーグを食べ、夜のパレードに驚く。結局ホテルに戻って、風呂に入り、就寝したのは21:30。いつも通りである。朝6:30に起床して、ベビーカーで多少寝たとは言え、15時間フル稼働である。恐るべしディズニーマジック。私と妻はヘロヘロである。

翌日は息子が5:30に起床。ディズニーランドの朝は早い。7:00くらいまでベッドでダラダラ過ごし、持ち込んだ食料で朝食にする。あいにくの曇天で少し雨もぱらついているが、この日はモノレールに乗り、イクスピアリで買い物をするだけなので問題なし。14:00チェックアウトのプランなので、ゆっくりと買い物して昼食を取り、再び私の戦場である高速へと突入。帰りは渋滞がなかったので1時間かからなかった。私の寿命は少なくとも3年くらい縮まったと思う。誰か首都高を直線に直して欲しい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください