考えさせられる日々

Pocket

先日、電車の優先席で70代くらいの男性がスマホを操って麻雀ゲームをしていました。その光景にちょっと感心したのですが、その後ろに「優先席付近では携帯電話の電源をお切りください」のステッカーが貼ってあって、こういう場合はどうしたものかと考え込んでしまいました。

* * *

考え込んだといえばもうひとつ。某社の接客マニュアルを目にする機会がありました。その職種は、マンツーマンで客と向き合い、比較的近い距離でサービスを提供することもあり、身だしなみについてかなり細かく決まりが書かれていました。中でも驚いたのは口臭。食事に気を配るのはもちろんのこと、胃炎を起こさないように健康管理に気をつけろとあります。確かに胃を悪くしている人の口臭はなんとも不快ですが、プロたる者それもコントロールしなければいけないのか。厳しいプロの世界を垣間見たようで「やっぱり仕事はこれくらい厳しくないといけないんだなあ」と考えさせられました。

* * *

私は自宅でひとりモソモソと仕事をしているので、ニンニクをかじろうが、二日酔いで胃酸が逆流しようが家族以外に迷惑をかけることはないのですが、あんまりだらしない生活や身なりをしていると、仕事まで緊張感のないものになりそうなので、いちおう仕事の時はきれいな服に着替え、健康管理の観点からもあんまり刺激の強いものは食べないようにしています。アルコールの量も一時期に比べればずいぶん減り、胃に優しい生活をしているのでそんなにひどい口臭はしていないと思います(自己申告)。

ただ、このところちょっと気になっていたのが、ジムで汗を流した後のこと。大量の汗をかくので、練習後にシャワーを浴びてはいますが、なにかこう一枚薄い皮をかぶっているような感覚があります。自分では気になりませんが、特有の臭いを周囲に発している可能性はあります。そこで渋谷の東急ハンズで男の身だしなみコーナーをのぞいてきました。実にいろんなグッズがあるんですね。顔に塗ったり、頭にかけたり、手でのばしてみたりといろいろ楽しみましたが、今回はプラウドメンのグルーミングウォーターを購入し、現下の懸案に対処することといたしました。香りは3種類あり、私はグリーン・ウッドを選びました。さわやかな香りですし、頭でも顔でも体でも好きなところにつけられる、という万能っぷりが気に入りました。Amazonでもかなりの高評価です。私は敏感肌の荒れ性ですが、少し使った感じでは問題なさそうです。

気に入ったので、息子と風呂に入るときに自慢することにしました。

「お父さん今日いいニオイするでしょ?」
「んー、なんのニオイ?」
「グリーン・ウッドっていうニオイ。えーとグリーンは英語で緑っていう意味だから緑のニオイ」
「……ブロッコリー?」

なんだろうこの敗北感……。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください