真夏の腹巻

Pocket

職業柄、私はさまざまな書類を目にします。翻訳者は、業務の依頼を受けるにあたって守秘義務を負うのですが、だからというかなんというか、本来であれば当事者以外は目にしない書類が手元にやってくることが珍しくありません。先日、同年代の男性のカルテを目にする機会がありました。中国の病院に入院しているそうです。心臓周りの病気で原因はストレスであったり過労であったり。中国の最前線でがむしゃらに働いて倒れてしまった企業戦士の姿が目に浮かびます。嗚呼、この方は快癒したのであろうか。ほぼ同い年なのであれこれ想像してしまいます。

私は今年後厄なのですが、この厄年というのは男性も女性も体調がおかしくなりやすい年齢に設定してあり、若い頃みたいに無茶してるとそろそろ体にこたえますよ、という指標としてたいへん優れています。先人の知恵ですね。上述の男性のように体を壊さないためにも体調管理に努めなければなりません。夏だからといってビールとかバカスカ飲んではいけないのです。

と、こぶしを握って決意の顔をしておいてなんですが、やはり風呂上がりのビールは欠かせないわけで、ビールを控えてチューハイを飲んでも問題の解決にはなりません。冷たい麦茶、冷蔵庫に常備されているあずきバー、夏は意外に体が冷えます。

体が中から冷えると外気との温度差でますます体感温度が上がり、脳は体に発汗を促し、のどが渇いてまた冷たいものを飲む。そうするとまた体が冷える。うーむ、悪循環。これでお腹を出して扇風機に当たりながら寝たりすると朝から体が重くて大変です。これはちょっと本腰入れて取り組まねばならない課題ではないか。どこぞにソリューションは転がっていないものか。そんなことを考えながらネット上を巡回していたところ、ほぼ日刊イトイ新聞のほぼ日ハラマキ あたためるもののお店が目に止まりました。

\  __  /
_ (m) _  ピコーン
   |ミ|
/ `´  \  これや!
  ( ゚∀゚)
 ノヽノ |
  < <

腹巻きして寝たら朝のだるさが軽減されるんじゃないか。これや!これやがな!早速ほぼ日ハラマキを物色します。

却下。お値段が良すぎます。私がバカボンのパパやフーテンの寅さんのコスプレをするにあたって3000円は完全に予算オーバー。仕方ないので楽天に検索にでかけます。

なんでやろ。なんかパンチの効いた腹巻ばっかり出てくるんですけど。

ちょっと気を取り直してAmazonに行ってきます。

そうそう。こういう普通のでいいんです。レビューも99件ついて星4.4ならまあ大丈夫でしょう。早速着用します。まずは昼間Tシャツの下、直肌で着てみました。締め付けがけっこうきつく、生地がリブになっているのでしばらくすると蒸れてかゆくなってきました。ちょうど靴下のゴムで締め付けられる足首のような状態。冷えないのは良いですが、あせもになるといやなのでTシャツとズボンの上から着ることにします。うっかり外に出ると指さされて笑われそうですが、外に出ない限り大丈夫。かゆみも蒸れもなく問題解消。うん、これはいい感じ。

睡眠時もパジャマの上から着用。このところ東京は暑さがひと段落しているので熱帯夜になったらどうなるか分かりませんが、寝てて締め付けが気になることもなく朝までぐっすり眠りました。体調については着用2日目ですのでまだ変化は感じません(寝覚めが多少良くなったかも)。しばらく使って私が芯から温かい男に変わったらまたご報告いたします。ご期待下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください