和菓子 – 千代富 清風堂

Pocket

私は酒飲みだが甘党である。かつて同僚に「おはぎをつつきながら日本酒をちびちびやるのは最高だ」という変態がいたが(Sさんお元気ですか)、私は昼食後にちょっと甘い物を食べるのが好きだ。

以前住んでいた経堂という街は、私が住み始めてすぐに和菓子屋2軒が店をたたみ、駅前のビルに入っていた和菓子屋もビルの取り壊しとともになくなってしまった。そういう時代なのかもしれないが和菓子好きとしては少しさびしかった。

調布に越してきてうれしかったのが、駅前のパルコに和菓子屋が数軒入っていて、深大寺まで足を延ばせば団子やまんじゅうを売っている門前市があり、そのへんの商店街にも必ず和菓子屋があるということだった。私がぶらぶらしているのはもっぱら北口だが南口にも和菓子屋はあるようだ。駅を地下化する工事が進んでいて、そのうち北も南もなくなるはずなので、私の行動半径はさらに広がるものと見込まれる。

で、調布駅北側エリアでおすすめの和菓子屋が千代富 清風堂である。息子のかかりつけの小児科が近くにあって、たまたま入った店なのだがあんこの加減が実に良い。蒸し暑い今の季節、この店の水万頭が冷蔵庫で冷えているととてもうれしい。看板商品である地酒万頭はもちろん、多摩清流(いわゆる鮎)も求肥がうまい。すあまも良かった。とにかくこれまで外れがない。ゲゲゲ効果で観光客が増えている調布市だが、駅からもそんなに遠くないし、旧甲州街道沿いで迷うこともないから、この店にもぜひ立ち寄っていただきたい。私も今の仕事を片付けたら、また水万頭を仕入れに行く予定である(´ー`)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください