Thunderbird Portable

Pocket

ThuderbirdPortable
メーラを Thunderbird から Thunderbird Portable に換えた。Portable の方は、設定ファイルやらデータやらが同じフォルダに収まっているので外付けHDDやUSBメモリに放り込んでおいてどこにでも持ち運べる。バックアップも楽だ。仕事関連のデータを律儀に保管していると数年で結構なデータ量になるし(画像PDFの重いこと)、パソコンの買い換えなどで環境を移す時のことを考えて導入することにした。

関連:Mozilla Thunderbird, Portable Edition

導入といってもダウンロードして外付けHDDにインストールして、Thunderbird Portable 移行 – Weblogなどを参照しつつ Thunderbird のデータをコピペし、Thunderbird Portable を立ち上げるだけ。受信トレイと送信トレイの一部フォルダ名が文字化けしたが、データは問題なく移行できた。メールのデータは大きいのでコピペにはFastCopyを使った。

最後にディスクドライブ名を固定することは出来ますか?を参照して外付けHDDのドライブレターを固定し(起動するたびにHDDのドライブレターが変わってしまうと困る)、Portable を既定のメールクライアントにして作業終了。満足。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください