尖閣問題

Pocket

はっきり言って最低最悪の幕の引き方であって、検察にも政府にも怒りしか湧いてこない。
私は夕方のニュースで船長釈放を知ったのだが、日本テレビのエブリィ1もNHKのニュース7も「尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船と中国の漁船が衝突した事件」とさらっと言ってのけた。正しくは「中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件」である。事実を微妙に変えるんじゃない。アアハラガタツハラガタツ。

  1. この小さい「ィ」が腹立たしい []

2件のコメント

  1. アアハラガタツハラガタツという意気がまさに犯罪を加担したことを日本人自身がわかっていなかったという事実はたいへん残念で、危惧しています。
    漁船は舵で方向を操り、操縦性が限定的で、海上衝突予防法によると、追従、追越の場合、すべての責任は追従、追越船舶にあります。
    ビデオを公開するかしないか、そのことはどっちでもいい。重要なのは日本のみずきの船長の犯した犯罪行為を裁くかどうかの問題は法治国家を自称している日本において、真価が問われています。

  2. 前提としている事実に問題があると考えます。
    この事件は日本の領海内で発生しています。ビデオの公開などどうでもいいという点については、私もある程度同意しますが、公権力の行使を犯罪ととらえる考え方には同意しかねます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください