マイナンバーでこんなこと

Pocket

今年から確定申告の際にマイナンバーの記入が必要になりました。取引先でも税務署への書類提出でマインバーが必要になるようで、年末から年始にかけて、通知カードのコピーをせっせと各社に送付しました。代行サービスの業者が用意したシステムを使い、通知カードと身分証明書の画像を送信するだけ、というところが多かったのでそれほど手間ではありませんでしたが、なんだかなあ、とどうにもすっきりしない思いをすることもありました。

マイナンバーの収集を代行する業者Sについてです。同社のシステムを使ってマイナンバーの情報を送信したのですが、2月も下旬になって電話がかかってきました。「情報を送信する際に画像がちゃんと添付されていなかった。そちらのミスなので手続きをやり直せ」。要約するとそういう内容の連絡です。

あのね。私もオンラインサービスを作っている人間だから言わせてもらいますよ。

マイナンバーを収集するのであれば、入力者がマイナンバー、通知カードの画像、身分証明書の画像を送信する際に、入力された内容は間違ってないか、画像はきちんと添付されているか、それくらいのチェックはするでしょう。入力内容に誤りがあれば、「内容に誤りがあるのでどこそこを修正してください」などのエラーを表示するでしょう。それで問題がなかったから、情報登録が完了しました、という確認画面が表示されるんでしょう?私もそういう画面が表示され、「これで手続き完了だな」と思ったことくらいは覚えています。

つまり、今の時期になってわざわざ電話で連絡してきたということは、そちらのシステムに何らかの問題があって、うまく画像が送信されなかった、あるいは保存したはずのデータが保存されていなかった。そういう結論にたどり着くわけです。それをいかにもこちらに落ち度があるような電話をよこすというのはどういう了見なんでございましょうかこの野郎。私がお金持ちになってもおたくの警備サービスは絶対に契約しない。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。