さよならヒートテック、こんにちはインデラミルズ

Pocket

ヒートテックが冬の肌着の代名詞になったのはいつからだろう。私も何枚か購入したが、正直に申し上げてそれほど温かいとは思わなかった。「体から蒸発する水蒸気を繊維自体が吸収し、熱エネルギーに変換」することがこの商品のひとつのセールスポイントだが、これにも納得がいかない。水蒸気、つまり汗を放出するということは、人間の体が熱を下げようとしているわけで、すでに温まっているものをさらに温めてどうするのだ、という疑問が頭に渦巻く。

実際、寒さに震えながら早足で歩き、暖房の効いた店舗や電車などに入ると、それまでの運動で温まった体はうっすらと汗をかくが、ヒートテックを着ているとこの汗を熱に変えるのでさらに暑くなる。冬なのに汗ばみ、それが落ち着くと汗が冷え、外に出ると体からさらに熱が奪われる。冬の肌着として設計思想に誤りがないだろうか。

そこで、私をもっと温めてくれる肌着を探すことにした。よく話題になるモンベルのジオラインはとても良さそうだったが、肌着にしてはちょっと高い。

しばらく検索していると、最強のサーマルというまとめを見つけた。どうやらプリズンブレイクの主人公が着ているシャツが温かいらしい。紹介されていた商品がいくつかあり、インデラミルズというメーカの商品がアマゾンで2000円弱だったのでポチってみた。

pb

着用すると、はじめは生地がゴワゴワして気になるが、これはそのうちに慣れた。温かさは評判通りである。いつも肌着+薄手のセーター+フリースで過ごすところを、インデラ+フリースだけにしても大丈夫だった。風呂上がりなどこれ1枚で暑いくらいだ。

目が粗いので色がナチュラルやグレーだと透けるのが欠点といえば欠点か。あとアームホールが太い。一度洗うと縮み、体にフィットするようになるが、それでも腕は結構太い。生地がやや厚いのでシャツの下に着ると窮屈かもしれない。また、ポリエステル混紡の商品とコットン100%の商品があるが、どちらも暖かさに違いはなく、肌触りもそんなに違わない。混紡の方は首筋のところにタグがなく、プリントになっているので、個人的にはこちらが好み。

なお、私は身長178cm、体重72kgで筋肉質のスーパーセクシー体型だが、サイズはMでぴったりだった。参考にされたい。

12月に入って毎日のようにこのシャツを着用しているが、個人的にはとても気に入っている。デザイン、暖かさ、価格のバランスが良い。吸湿性、速乾性についてはきちんと検証できていないが、総合的な機能については、一冬試してみて最終的に判断したいと思う。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。