TuneIn Radio が最強である件について

Pocket

息子がラジオにはまっている。2年前、震災の後に購入したソニーの小さなラジオを居間に置いていたのだが、息子が操作方法を覚えてしまい、朝起きたらすぐにスイッチを入れる。ああ、こりゃまた壊されちゃうかな、と心配していたのだが、思いのほか大事に扱っているようで、ラジオに耳を当ててAFNなんかを聞いているのはちょっとかわいい。1

そんなわけでなんとなくラジオを聞くようになったのだが、しばらくすると音質が気になるようになってきた。ポケットラジオの小さなスピーカーでAMモノラル放送を聞いているので当たり前と言えば当たり前なのだが、音はよろしくない。トーク番組やニュースはいいとしても、音楽はザーッというノイズのカーテンの向こうでこもったように聞こえ、音が薄っぺらい。高音質ラジオでも買うか、とアマゾンを検索してみたが、いくらアンテナやスピーカーが良くても音質には限界があるだろう。どうしたものか。

ずいぶん考え込んだ後、そうだ!インターネットラジオはどうだろう、とひらめく(鈍っ)。あれならデジタルだし、音はきっと良いはず。検索してみると、TuneIn RadioというAndroidアプリが見つかった。早速インストールし、スマホをスピーカーにつなぐ(今回は液晶テレビ用のスピーカーを利用)。

TuneIn_1
まず最初の画面でメニューを選ぶ。たとえば「音楽」を選ぶといろんなジャンルが表示される。

TuneIn_2
なつかしの80年代とか良いではないか、とさらに選択。

TuneIn_3
ラジオ局がたくさん表示されるので適当に選ぶ。するとホワイトスネイクあたりが歌い出すのである。クールだ。

TuneIn_4
最初の画面から「地域」→「アジア」→「中国」とたどっていくと中国の放送局も選び放題である。語学学習にもぴったりだ。

スマホにインストールして外で楽しむのもいいが、使っていないiPod Touchがあるので、そっちにインストールしてスピーカーにつないでおけば、高音質でラジオが楽しめる。日本の放送局もNHKのほかサイマルラジオ各局が登録されている。死角はない。TuneInのサイトにアクセスすれば、デスクトップPCでも楽しめる。うーむ、ラジオはこんな風に進化していたのか。

  1. とうさんはFENがいつの間にかAFNと名称を変更して衝撃を受けたのだが。 []

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください